【数値&スカウト文面を大公開】エンジニア採用×ダイレクトリクルーティングで得た新しい発見。

ダイレクトリクルーティングサービスを使って、エンジニア採用をやってみました。おもしろいデータが出たので、今回は第二弾として書いてみます。

第一段はこちら。

基本データ

【企業情報】機械、電気、IT領域の技術者特定派遣(従業員10,000名以上)
【募集対象】①業界職種未経験者②機械or電気orIT領域の経験者
【期間】計9週間
【スカウト送信数】400通
【媒体(ダイレクトサービス)】doda Recruiters(サービスまとめはこちら

【最終集計】

【最終集計/対象者別】

※いずれもスカウト送信後、サービス退会などでデータが見られなくなる場合がある為、一部数値に誤差があります。



【第一回目 (1-3週目)】


テンプレがダウンロードできます。
(いずれもPCよりダウンロードください)
・資格保有者向け
スカウトテンプレはこちら
求人票テンプレはこちら

【課題:第一回目を終えて…】
・スカウトメールの既読率が低い
・スカウト開封からの求人閲覧率が低い

【改善:第二回目に向けて…】
・数値の高い「理系卒」にフォーカス(スカウト文面、求人票も変更)
・「業界職種未経験でエンジニアを目指したい層」を対象者として新たに追加

【第二回目 (3-5週目)】

テンプレがダウンロードできます。(いずれもPCよりダウンロードください)
・理系卒者向け
リニューアルしたスカウトテンプレはこちら
リニューアルした求人票テンプレはこちら

・業界職種未経験者向け
スカウトテンプレはこちら
求人票テンプレはこちら

【改善:第三回目に向けて…】
「資格保有者」は効果が薄いためソーシングを控える。一方で効果の高い「理系卒」、「業界職種未経験者」を中心的にソーシングする方針へ。

【第三回目 (5-7週目)】

【改善:第四回目に向けて…】
・引き続いて「理系卒」、「業界職種未経験者」の効果は高い。
・上記スカウト文面と求人票を元に、効果がよくなかった資格保有者向けにも再度注力。

【第四回目 (7-8週目)】

【改善:第五回目に向けて…】
・「資格保有者」向けからの応募はなしのためストップ。「理系卒」、「業界職種未経験者」に注力。

【第五回目 (8-9週目)】

改めて…

【最終集計】

【最終集計/対象者別】



【その他運用を行って得たデータ

希望領域ごとの反応率は?

IT技術職を希望する方の反応率が高い。

検討中リスト保存者への再アプローチした結果は?

(スカウト送信後、応募には至らなかったものの、検討中リストに保存した候補者に対し、再度アプローチした反応率)


年齢別の結果は?

特に傾向値はなし

【まとめ】

前回同様doda Recruitersの特徴である「スカウト既読率」、「求人閲覧率」や「実際に候補者が閲覧している求人職種」が見えるため、数値や志向性に応じた運用の結果、効果は改善されてきた。

・自社オウンドサイトなどのコンテンツをURLとして添付しアプローチすることも前回同様効果的であった。(PVが多かったコンテンツ内容:社長の取材記事、社員インタビュー記事)

・複数の対象者(セグメント)にした結果、ペルソナ設計が非常に重要であることを改めて実感した。深い理解ができたセグメントからの効果は当たり前だが高い。
*最近未経験求人が大量に出回っているが、改めて対象者の選定とペルソナを考えることは非常に大切である。

・今回ご紹介したスカウトテンプレート(参照:【第二回目 (3-5週目)】の理系卒者向け、業界職種未経験者向け)をご覧の通り、テンプレート仕様は違うものの、対象者のインサイトを読み取れると効果は高まる。

最後に…

今回は主に求人広告(2割)と人材紹介サービス(8割)をメインに活用されている企業様で、過去ダイレクトリクルーティングを導入したものの効果不良に終わっていました。

しかし今回は、人材紹介サービスでの「1社あたりの紹介数/月」よりも上回る結果となりました。

SESなど、ビジネスモデル上特に差別化が難しい業界でのダイレクトリクルーティング活用は今後ますます増えるのではないでしょうか。

もちろん、活用方法は企業によって様々だと思いますので、自社に合う方法を模索し続けることが大切です。

一覧へ戻る