日経転職版とは?評判・特徴、料金プランやゴールドスカウトも解説

日経グループが運営するビジネスパーソン向けの転職サイト「日経転職版」。

CMプロモーションにも力を入れ、即戦力人材を採用できると話題になっています。

本記事では、日経転職版の特徴や料金、スカウトの種類について解説します

\昨年300名にDLされたおすすめ資料!/
ダイレクトリクルーティングサービス徹底比較レポート2024

ダイレクトリクルーティングサービス徹底比較レポート
   

 

日経転職版とは

career nikkei

画像参照元:公式サイト

日経転職版は、日本経済新聞社と協力体制にある日経HR社が運営する転職サイトです。

日本経済新聞社と日経BPのサービス登録者などで構成された日経ID会員は、約1,000万人にも上り、ビジネスパーソンのプラットフォームとしては日本最大級です。CMなどプロモーションにも力を入れているため、会員数は今後も増えていくでしょう。

日経転職版では、主に「求人掲載」「スカウト」「採用認知獲得(メディア掲載)」の3つで採用活動を行います
また、会員一人ひとりの属性にパーソナライズ化されたメールマガジンが毎日配信されており、マッチ度が高い会員からの応募が来ることもあります。

日経転職版の特徴

ビジネス感度の高い人材を獲得できる

Human resources characteristics

日経転職版のユーザーは、日頃から「日経ビジネス」「日経X TREND」「日経 X TECH」などのメディアを閲覧していることから、積極的にビジネスに関心を持ち、成長志向の強い人材が集まっていると言えます。

情報感度が高く、ビジネスの最前線で活躍したい人材を採用したい企業にとっては見逃せないサービスでしょう。

また、「日経会社情報DIGITAL」に企業情報がある場合は、無料で企業原稿の紐付けが可能です。紐づけることで、企業理解や志望度の底上げが可能になります。

他の転職サービスを利用していない人材に出会える

Difference comparison

一般的な転職サービスは「今すぐに転職をしたい」転職顕在層が利用しますが、日経転職版は、日経メディアの閲覧者がユーザーになっているため、転職を今すぐには考えていない転職潜在層の利用も多いです。

転職顕在層は、複数の転職サービスを利用するのが当たり前ですが、日経転職版のユーザーは他の転職サービスを利用していない人も多く、採用競合とバッティングしにくい傾向にあります。

中堅層やベテラン層の採用に向いている

management layer

日経転職版のユーザーは、30代〜50代が多く、全体で75%以上を占めます。また、経営者が5.5%、管理職が29.3%、リーダーが18.3%と、半数以上が役職者です。

そのため、中堅層やベテラン層の採用に向いていると言えるでしょう。

20代以下は13.9%と、若手はあまり多くないので注意しましょう。

\昨年300名にDLされたおすすめ資料!/
ダイレクトリクルーティングサービス徹底比較レポート2024

ダイレクトリクルーティングサービス徹底比較レポート
   

日経転職版の登録者データ

学歴

background

大学卒が64.4%、大学院卒(修士)が12.9%であり、大学卒以上が8割弱を占めます。
日本の大学進学率が55%程度であることを考えると、比較的高学歴なユーザーが多いと言えます。

経験職種

checklist

営業が最も多く、21.9%を占めます。
その後、管理部門(11.9%)、企画・マーケティング(7.7%)とビジネス職が続きます。

エンジニア系は、IT・Web・ネットワークエンジニア(6.3%)、電気・電子・機械系エンジニア(5.3%)となっています。特別多いわけではありませんが、十分採用ターゲットにはなり得るでしょう。

居住地

from

東京都だけで32.4%、神奈川県13.4%、埼玉・千葉が6.8%と、一都三県のユーザーだけで6割を占めます
地方に住む登録者が少ないため、地方採用をしたい企業は注意が必要です。

日経転職版の評判

採用活動に利用した企業の声をご紹介します。

①金融業 総合職
最近で一番良い人が採用できました。
エージェントでも紹介がないような人の応募も多く満足しています。

②メーカー 営業/機械系エンジニア/SCMなど
約7ヶ月で9名採用ができ、正直驚きました。採用経費を大幅に削減できました。

③IT・通信・インターネット業 ITエンジニア/機電エンジニア
月1名ペースで経験者を採用できています。
日経での採用者の下に若手を配置でき、新たなプロジェクトを獲得できています。

日経転職版のスカウトは全3種類

scout

ゴールドスカウト

企業側の配信数を制限している希少価値が高いスカウトです。会員のページでも目立つ仕様のため、返信率も通常の約2倍になります。
採用難易度が高く、スピードも求められるポジションにはぜひ活用しましょう。

通常スカウト

1to1での送付、もしくはセグメントを設定した一斉配信が可能な、一般的なスカウトです。
カジュアル面談に繋げるスカウトだけでなく、求人を添付し応募を促進するスカウトを送ることもできます。

自動スカウト

設定したスカウト条件に合致した、新規登録会員、レジュメ更新した会員がいた場合に自動で送られるスカウトメールです。最短30分で送信が可能です。

スカウトの送信に割く時間が無いけど、少しでも可能性があるへなるべく多くスカウト送信したいと考える人事におすすめです。

日経転職版の料金プラン

日経転職版の料金は、4週間3職種30万円〜(求人を出せる基本参画プラン)で、期間や職種の数によって料金が異なります。

掲載期間 職種数 料金
4週間 3職種 30万円
5職種 40万円
12週間 3職種 80万円
5職種 110万円
24週間 3職種 120万円
5職種 160万円

 

また、スカウトを送りたい場合は上記に加えて、1通500円〜の料金が発生します。スカウトの種類や通数によって料金が異なるため、詳しくは下記を参照してください。

商品 通数 料金 備考
スカウト 1~299通 1,000円/通
300~999通 800円/通
1,000通以上 500円/通
ゴールドスカウト 50通 10万円 上限追加通数:200通/月

この他にも、PR記事オプションや露出増オプションなど多数のオプションが存在します。

\昨年300名にDLされたおすすめ資料!/
ダイレクトリクルーティングサービス徹底比較レポート2024

ダイレクトリクルーティングサービス徹底比較レポート
   

ダイレクトリクルーティングなら「PRO SCOUT」

pro scout

PRO SCOUT」では、600社以上の実績をもとにダイレクトリクルーティングを中心とした採用ご支援が可能です。

エンジニア採用案件には元エンジニアが担当するなど、各領域のプロフェッショナルが業界のトレンドを把握しながら他社事例をもとに採用をご支援します。月額10万円〜と料金もリーズナブル。

スカウトを送る時間が割けない、スカウトで採用決定を出したい、などのご希望がありましたら、ぜひ下記より詳細をご覧ください。

PRO SCOUT
詳細はこちら