dodaXとは?機能や評判、dodaとの違いを解説|ハイクラス人材獲得に

ハイクラス人材の転職サービスとして知られるdodaX。

小栗旬が広告塔となり、注目が集まっています。

本記事では、dodaXの機能や評判を紹介します

\【無料】90ページの人気資料プレゼント!/
スカウトサービス13個の使いやすさや料金を徹底比較!

ダイレクトリクルーティングサービス徹底比較レポート

▼去年300名以上にダウンロードされました!▼

 

 

dodaX(デューダエックス)とは?4つの機能を紹介

dodaX(旧iX)とは、ハイクラス人材向けの転職サービスです。

会員の8割以上が年収600万円以上のマネジメントやプロフェッショナル人材で、年収800万円〜2000万円の非公開求人も豊富です。

2024年4月からは、dodaダイレクトとの連携が開始し、ヘッドハンターだけでなく、自社採用目的の企業からも登録人材へスカウトを送れるようになりました。

dodaXは、「スカウト」「自己応募」「ハイクラス転職カウンセリング」「キャリアコーチング」の4つ機能を持ちます。1つずつ見ていきましょう。

dodaXの機能① スカウト

dodaXでは、企業またはヘッドハンターが、候補者へ直接スカウトを送ることができます

ハイクラス層の採用は、企業の経営戦略や事業戦略に直結しているケースも多く、重要ポジションほど情報を制限しての採用活動が進められます。スカウトは、こうした秘匿性が高い求人に向いています。

ヘッドハンターが利用する場合は、ランクが可視化されており、上位1%のヘッドハンターが「S」ランク、10%が「A」ランクになります。スカウト受け取り画面にもランクは表示されます。

dodaXの機能② 自己応募

求人を出すと、dodaXの登録者から、直接応募が来ることがあります

ハイクラス人材が揃っているサービスなので、自己応募で質の高い母集団形成ができる可能性もあります。

dodaXの機能③ ハイクラス転職カウンセリング

ハイクラス転職カウンセリングは、dodaエージェントサービスと同義です。

業界・職種ごとの専門知識を持つキャリアカウンセラーがおり、多くの企業が採用を成功しています。

dodaXの機能④ キャリアコーチング

画像参照元:dodaXキャリアコーチング公式サイト

dodaXキャリアコーチングは、職業紹介を前提とせず、利害関係のない第三者がサポーターとなるコーチングサービスです。

候補者側がお金を払う有料サービスであり、理想のキャリアに近づけるためにコーチングを利用するハイクラス層もいます。

\700社以上が導入したスカウト代行!/
返信率や配信工数にお悩みなら「PRO SCOUT」

PRO SCOUT
▼詳しい料金やサービス内容を公開!▼

PRO SCOUTの詳細を見てみる

 

dodaXの導入企業

dodaXの導入企業例は下記です。IT系が若干多い印象ではありますが、幅広い業界の導入実績があります。

  • テクノプロ
  • 東京エレクトロン
  • NEC
  • オリンパス
  • サントリー
  • マネーフォワード
  • ソフトバンク
  • SCSK
  • NTT データ
  • 三菱マテリアル など

 

dodaXの評判

dodaXに寄せられた評判・口コミを見ていきましょう。

エージェント/企業側の口コミ・評判

dodaXさん、転職エージェントも利用できる素晴らしいサービスなんですが、求職者からのスカウト辞退とスカウト受諾の通知メールが全く同じ文面なのがつらたん。通知メールで区別できん。。。X

吊り革広告で刺さったキャッチコピーです。「正解はない。大切なのは、自分で選ぶことだ。」 今更ながらdodaXいいですね!今日スカウト打ちます!!(X

候補者側の口コミ・評判

よく見るとドアにdodaXの広告。 ハイクラス転職サービス 今回、こちらのエージェントに大変お世話になりました。お陰様で有名企業に転職かないました。 実は内緒で、転職元の会社の数人の方にエージェントを紹介しました。皆さん密かにキャリアアップ狙ってるのですね 頑張ってX

dodaXってプラチナスカウトだけじゃなく、ダイヤモンドスカウトもあるんやな(X

dodaの合格診断ついでにdodaX登録したらえぐい外資の所からスカウト来てびっくらこいた 他にも色々凄いの来てるし小栗旬に感謝。ビズリーチとかよりもdodaXのがハイキャリアで凄い感じする。(X

ひさびさにdodaXにログインしたらスカウトメールが大量に来始めた… ログイン履歴とかで送るかどうか判定してるんだなあ(X

 

dodaXに関するよくある質問

dodaXに関する質問をまとめました。

プラチナスカウトとダイヤモンドスカウトの違いは?

ヘッドハンターからのスカウトには、通常スカウトに加えて、プラチナスカウトとダイヤモンドスカウトが存在します。

どちらも送信対象人数が限られた、通常とは異なる特別なスカウトです。違いは以下の通りです。

プラチナスカウト

ヘッドハンターが企業から預かる求人の中でも特に、採用企業の戦略に影響を及ぼす重要なポジションに、とりわけふさわしいと判断した方だけに送られる貴重なスカウトです。

ダイヤモンドスカウト

doda Xが特に高く評価するヘッドハンターにだけ送信が認められた、通常とは別格のスカウトです。 秘匿性が高く、企業の枢要を担うポジションへのスカウトであるため、送信する対象人数も厳格に限られています。

参照元:ヘルプページ

 

dodaとdoda Xの違いは?

パーソルホールディングスFY2023 決算説明会資料

dodaとdodaXの違いは、ターゲットにあります

dodaの主要ターゲットは年収帯が400~600万円のボリューム層であるのに対し、dodaXは、年収600万円以上のハイクラス層をターゲットにしています。

\700社以上が導入したスカウト代行!/
返信率や配信工数にお悩みなら「PRO SCOUT」

PRO SCOUT
▼詳しい料金やサービス内容を公開!▼

PRO SCOUTの詳細を見てみる

 

doda XとiXの違いは?

dodaXの前身が、iX(アイエックス)です。

2022年10月3日より、iXからdodaXへと名称が変更されました。

 

dodaXの導入方法

「dodaX」はあくまでデータベースのことであり、導入窓口は1つではありません

自社採用目的の企業の場合と、エージェントの場合で窓口が分かれ、さらに自社採用目的の企業の場合はスカウト希望か、ハイクラス人材紹介サービス希望かでも分岐します。

複雑なので、1つずつ解説します。

自社採用目的で利用する企業

スカウト希望か、人材紹介希望かで分岐し、さらに人材紹介希望の場合は、ターゲットによって2つの窓口があります。

直接スカウトを送りたい場合

dodaXだけのデータベースにアクセスするプランが現状ないため、dodaダイレクトを導入する必要があります

dodaダイレクトの「月額利用料+成功報酬プラン」であれば、dodaスカウト会員データベースに加え、dodaXのデータベースにもアクセスし、スカウトを送れます。

dodaダイレクト公式サイトからお問い合わせください。

関連記事:dodaダイレクトとは?料金や特徴・評判、効果的なスカウト方法を解説!

人材紹介サービスを利用したい場合

経営層・事業部長など、経営・組織経営の中核を担う「上級管理職」や「幹部候補」を探している場合は「パーソルキャリアエグゼクティブエージェント」に問い合わせます。

管理職(課長・部長)やスペシャリストなど、事業を牽引する「ミドルマネジメント」を探している場合は、「doda人材紹介サービス」に問い合わせてください。

エージェント

doda X Professional Searchの問い合わせフォームから、ご連絡ください。

エージェントの場合、同じくハイクラス転職の「ビズリーチエグゼクティブサポート」もおすすめです。

関連記事:【人材紹介会社向け】ビズリーチの特徴や料金を徹底解説!ヘッドハンタースコアを上げるには?

 

スカウトでお困りなら「PRO SCOUT」

700社以上の導入実績を持つPRO SCOUTでは、戦略策定やスカウト文面/求人票作成、候補者選定、配信、数値振り返り、日程調整など、採用成果を創出するための支援を提供しています。

各領域に精通した専任のコンサルタントが戦略策定から面接前のカジュアル面談まで、伴走支援を提供します。業界のトレンドを加味しながら他社の成功事例をもとに、解決策や改善法を都度提示するため、質の高い採用活動を実現できるでしょう。

▼PRO SCOUT サービス資料はこちら
Request PRO SCOUT materials Mid-career recruitment