Findyとは?特徴や使い方、メリット・デメリットを徹底解説!エンジニア採用に活用しよう

findy

スキル重視でエンジニア採用をしたいと考える企業が増えてきています。Findy(ファインディ)はGitHubの開発履歴に基づき登録されているユーザーのスキル偏差値を定量的に判断してくれるスカウト型リクルーティングサービスです。今回はFindyの特徴、使い方、採用成功ポイントについて紹介します。

Findyとは

what_in_findy

運営:Findy株式会社
特徴:ハイレベルのエンジニア向け
利用企業:LINE, CyberAgent, Merpay, LayerXなど

Findy(ファインディ)とは、Findy株式会社が運営する、IT/Web系のエンジニアに特化したエンジニアと企業のスカウト型リクルーティングサービスです。独自のAIによるエンジニアと企業のマッチングに特化しています。

Findyの特徴

findy_feature

GitHubの開発履歴をもとにスキル偏差値判定

ユーザーがFindyに登録する際、ソースコード管理サービスであるGitHubのアカウントを連携させる必要があります。Findyでは独自のAIがアルゴリズムを用いてGitHub上の活動記録(公開されているレポジトリをもととしたコード稼働率、コントリビューション履歴、アカウントの影響力など)からスキル審査を行い、偏差値を測定します。企業はユーザーのエンジニアとしての実力値を定量的に判断することができます。

また、GitHubのアカウントを持っているので自学的な活動を行うスキルの高い人材が多いです。

AIによるマッチングサービス

FindyではAIによるレコメンド機能があり、企業とユーザーのマッチングを効率的に進めることができます。技術領域別の採用はもちろん、情報発信を多くしているエンジニアが欲しいといった要望も検索に組み込むことができるため、ハイスキルかつ企業の特性にあったエンジニアに効率的にアプローチすることが可能です。

他媒体と比べ低価格

Findyは他社媒体と比べると比較的低コストで導入することが可能です。利用料金は、導入費用と成果報酬で構成されております(2022年4月現在)。また、フリーランス採用に特化したサービスもあり、エンジニアをスキル重視で採用したいという企業にとっては非常にメリットの大きい採用媒体となっています。

Findy導入企業の特徴

FindyはLINEやCyberAgentなどのメガベンチャー企業から、SmartHRやLayerXなどのスタートアップ企業が利用しています。Findyに登録するユーザーはGitHubアカウントが必要となるため、エンジニアとしての実務経験がある人のみを採用したいと考えている企業と相性が良いです。逆に言えば、未経験者や経験の浅いエンジニアを大量採用したいと考えている企業には向かないかもしれません。

また、技術力・情報発信力に基づく偏差値を参考にしながら「いいね」を送るエンジニアを選ぶため、企業の採用担当者側も基本的な技術理解が必要となります。

Findyの使い方

findy_how_to_use

①求人票を作成

FindyのAI求人票採点サービスを利用し、候補者にとって魅力的な求人を作成します。

②ユーザーに「いいね」を送る

ユーザーのスキル偏差値やプロフィールなどを見て、「いいね」を送ります。

③ユーザーから「いいかも」を受け取る

「いいね」を受け取ったユーザーの中で、企業に興味を持ったユーザーが「いいかも」を送り返します。

④スカウトメッセージを送信

マッチングが成功したユーザーのGitHubが公開されます。GitHub上のデータを確認し、カジュアル面談を実施するエンジニアにスカウトメッセージを送ります。

⑤カジュアル面談・採用

スカウトメッセージでのやり取りを通し、カジュアル面談を実施します。そのうえで採用選考を進めていきます。

Findyのプラン・料金

メンバー〜シニアクラス向けのベーシックプランと、ハイクラス向けのプレミアムプランがあります。プレミアムプランの場合、求人票の年収は600万円以上の必要があります。

月額費用と成果報酬の両方が発生し、月額費用は月額3万〜7.5万円、成果報酬は理論年収の25~35%となっています。

Findyのメリット

findy_merit

スキル偏差値をもとにスカウトを送ることができる

履歴書や職務経歴書などの情報ではなく、GitHubの情報をもとにスキル偏差値が割り出されているため、確かなスキルを持ったエンジニアに直接アプローチをすることができます。

スキル偏差値は2022年4月にアップデートされました。様々な職種やOSS活動の開発スタイルに対応、算出ロジックの変更などが行われたことにより、より適正な値が出るようになっています。

推定年収測定機能がある

スキル偏差値に基づき、推定される年収が表示されているため、候補者と企業側の報酬面での期待値の調整ができている状態でスカウトを送る、受け取ることができます

AIマッチング機能により工数を削減できる

AIが求人にあうユーザーを自動でレコメンドしてくれるため、候補者の検索にかける工数を削減することができます。

いいかもが返ってきた候補者にスカウトを送るので効率的

こちらからいいねを送り、いいかもが返ってきた候補者にメッセージを送るので、興味を持ってくれた候補者に絞ってスカウトを送ることができ無駄打ちが少なくなります。スカウト文面を一人一人に合わせて送るのは大変な作業なため、効率が良くなります。

定期的にプロフィール更新キャンペーンを行っているため更新率が高い

プロフィールの更新を行うとAmazonギフト券がもらえるキャンペーンを定期的に行っているため、それをきっかけにプロフィールを最新の情報に更新する候補者が多いです。

候補者の表示順序が多様

ログイン日順、おすすめ順、新規登録順で候補者を表示できる媒体は多いですが、Findyはそれに加えスキル順・コードをたくさん書いている順など多様な表示順序があるので、ターゲットを見つけやすいです。

Findyのデメリット

GitHubがアップデートされていないとスキルが見えない

GitHub上でのアクティビティが少ないエンジニア、GitHub上で活動を公開していないエンジニアのスコアはAIの自動判定から除かれてしまうため、偏差値が低く表示されてしまいます。

スキル偏差値の高いエンジニアが取り合いになる

当たり前の話ですが、ユーザーのデータがどの企業に対しても定量的に表示されているため、「いいね」を受け取るユーザーに方よりが生じ、偏差値の高いエンジニアとはなかなかマッチングまで繋がらないことがあります

コードをかけるエンジニアのみが対象となっている

GitHub上でコードを書いているエンジニアが対象となっているため、PM寄りのエンジニアやEM(エンジニアリングマネージャー)の採用を検討している企業には向いていません。

UIが優れているとは言えない

notionのUIに近く、白ベースに小さなアイコンとシンプルな作りになっているのは良いものの、候補者検索の際、画面の中に候補者は1人程度しか表示されないためスクロールをたくさんする必要があります。候補者と候補者の境目の線も薄グレーで見にくいです。

また、炎マークやハートマーク、「コントリビューション数」などFindy独自のマークや用語がありますが、慣れないうちはどのような意味を指すのか分かりずらいです。

希望年収や職種で検索をかけられない

希望年収、希望職種、希望技術全てプロフィールに記載箇所はあるのですが、それをもとに検索することができません。あまり高い年収を出せないポジションの場合などの際に困ります。

Findyでの採用成功のポイント

findy_point

自社として必要なスキル偏差値の下限を考え直す

スキル偏差値が高いほどいいねの受け取りは増えます。スキル偏差値の高い人だけにスカウトを反応は得られにくいため、自社としてどのスキル偏差値が最低限必要なのかしっかりと考え直すと良いでしょう。

findy_like

出典:Findyブログ

求人票の魅力度を上げる

FindyにはFindy ScoreというAI求人表採点サービスがあります。求人票の中身を充実させ、簡潔かつ誰が見てもわかりやすい内容に仕上げ、魅力度を上げることが重要です。

技術理解のある採用担当者が運用する

Findyではまず企業側がエンジニアのスキル偏差値を見て、気になったエンジニアに「いいね」を送ります。単純に偏差値が高いエンジニアに「いいね」を送るだけでなく、求人に合うエンジニアを見抜くためにも、技術用語や求めるエンジニア像について理解を持っている採用担当者が送る相手を選ぶことが重要です。

まとめ

Findyはエンジニアの採用に特化したサービスです。実務経験豊富なエンジニアを採用したい、即戦力となるエンジニアを採用したいと考えている企業は是非導入を検討ください。

Findyの活用方法に困ったら

proscout
 

弊社、株式会社VOLLECTはダイレクトリクルーティングに特化した採用支援「PRO SCOUT」を行っています。
パナソニックやラクスルなど大手企業やメガベンチャーを中心に、さまざまな採用状況に合わせたご支援が可能です。
「マンパワーが足りない」「媒体を上手く活用できていない」といったお悩みをお持ちでしたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

PRO SCOUT
詳細はこちら