【徹底ガイド】ビズリーチ(BIZREACH)の使い方まとめ(人事向け)

今や主流の採用手法、ダイレクトリクルーティング。

今回は、代表的なスカウト媒体であるビズリーチのスカウト機能に焦点を当て、画像を豊富に使い、使い方をわかりやすく解説していきます。

返信率が高まるコツも随時ご紹介していきますので、操作に躓いた際だけでなく、ビズリーチを用いた採用の効果を出したい場合にも是非ご活用ください。

ビズリーチの使い方まとめ

まず初めに

IDとパスワードを入力しログイン

新規求人作成方法

①「求人管理」のタブを選択し、「新規求人登録ボタン」を押す。

②各項目を記入

※ビズリーチの場合、記入して登録しても直ぐに反映されません。ビズリーチ側の人間がチェックし、問題ないことが確認できた場合に、掲載が開始されます。
※スカウトに添付するためだけであれば、ビズリーチ側のチェック無しで求人票を作る事も可能です。(→公開設定で、「非公開にする」をチェックする。)
※ビズリーチのチェックは営業日1日要するので、NGになると、また追加で営業日1日必要になる場合があります。出来るだけミス無く記載するのがポイントです。

<よく困るポイント>
・求人管理IDは何でもOK(例、001、002、求人①など)
・仕事内容や応募資格の所は、サービス名や会社名など、特定できる情報を掲載する事ができません。

③全て記入が完了したら、「登録申請」のボタンを押して、ビズリーチ側から申請OKのメールが来たら掲載完了です。(営業日1日程度かかります)

候補者検索方法

・「候補者検索」のタブを選択し、候補者一覧ページへ

bizreach

・現職社名の上のメールマークがグレーの候補者はまだスカウトを送っていない候補者、黄色になっているのは既にスカウトを自社の誰かが送信済みです。
・「更新」マークが付いている候補者も、直近でレジュメを更新しているので返信率が高くなります。最終ログイン日より最終更新日の方が返信率に影響します。
・ビズリーチでは、ここにあるように「プレミアム」と記載がある求職者と何も表示されていない求職者の2種類が存在しています。
(ビズリーチでは有料で利用している求職者はプレミアムとなり、それ以外は無料利用している求職者です。そのため、プレミアムの求職者の方が返信率が上がります。
・使用した検索条件は登録できるます。再度その検索軸で検索したい場合は活用しましょう。
・候補者プロフィールの中には、希望条件があるのですが、そこまで返信率に影響はない為、対象が多すぎる場合に一つの判断軸として使う程度で問題ないでしょう。

スカウトテンプレート作成方法

・「候補者検索」のタブを選択し、「スカウトテンプレート」の所をクリックします。

bizreach

・「新しいテンプレートを作成」をクリックし、空欄にスカウト文面を入力します。

・ビズリーチの場合は、再送スカウトができる仕様になっています。必ず再送信テンプレートもセットで記入してください。(再送メールが1通にカウントされない仕様です)

<ポイント>
・他の媒体の多くで、スカウト文面が長くなれば長くなるほど返信率が低くなる傾向にあるのですが、ビズリーチの場合、スカウト文面は一定長い文章でも効果を発揮します。

・再送設定の所に、3営業日後、5日営業日後、10日営業日後で選べますが、3営業日後が最も返信率が高いため、3営業日後を選択しましょう(理由としては、5日営業日後、10日営業日後だと、同じ曜日になってしまい、候補者の行動変容が変わらない事が理由と言われています)

・全て記入ができれば、「確認画面に進む」をクリックし、登録してください。(ここはビズリーチ側のチェックはありません)

ターゲットリスト管理

ビズリーチを使う際には、出来るだけこのターゲットリスト管理を利用してください。

ターゲットリストを作成する事で、スカウト送信対象を一気に選択し、スカウト送信を一気に行う事が出来るので、効率的にスカウト業務を行うことが出来ます。

▽ターゲットリストの使い方
・「候補者検索」のタブを選択し、「ターゲットリスト管理」をクリックします。

・「新しいターゲットリストを作成」をクリックし、表示された項目を入力し、「作成する」をクリックします。

・ターゲットリストを作成したら、候補者検索をし、対象の候補者の職務経歴詳細のページの中に、「ターゲットリストに追加」をクリックします。
作成したターゲットリスト名をクリックすれば、ターゲットリストにその候補者が追加されます。
・追加された候補者を確認するには、「ターゲットリスト管理」をクリックし、自分が作成したターゲットリストの「未対応●●/●●人」を選択してください。

その他よくある質問・注意点

Q:「ハイクラス会員」と「タレント会員」というのがあるのですが、どう違うのでしょうか?
A:タレント会員は、年収400〜1000万円の候補者で、ハイクラス会員は、800万円〜5000万円の候補者の事です。
タレント会員が有料プランを利用する場合の月額は2980円であるのに対して、ハイクラス会員は月額4980円です。

Q:誰にスカウトを送ったのか確認したいのですが、どのように確認すれば良いでしょうか?
A:ターゲットリストを活用している場合、対象のターゲットリストをクリックし、上部にある絞り込み機能の所で「スカウト送信済み」にチェックし検索する事で確認可能です。ターゲットリストを使っていない場合は、送信済み候補者を確認することは難しくなるので、そこは注意です。