エン転職ダイレクトの特徴や料金を徹底解説!実際に利用した感想・改善点も紹介

entensyoku_direct

有効求人倍率が1.0を超える売り手市場が続く昨今、求人を掲載して応募を待つという守りの採用ではなく、採用をしたい人材に直接アプローチするという「攻めの採用手法」、つまりはダイレクトリクルーティングを取り入れる必要性がますます高まっています。

求人広告の大手サービス「エン転職」が新たにリリースした「エン転職ダイレクト」は、ダイレクトリクルーティングを行う中で起こる「すれ違い」を高品質なスカウト送付により防ぎ、企業と求職者を繋ぐことを目指す採用支援サービスです。

今回はエン転職ダイレクトの特徴や利用のメリットについてご紹介します。

directrecruiting_2023

「ダイレクトリクルーティング徹底比較レポート」ダウンロード

エン転職ダイレクトとは

entensyoku_direct

求人広告の大手企業エン・ジャパン株式会社が運営する「エン転職ダイレクト」は、エン転職の意志を継承した「正直・詳細」な情報提供を追求したダイレクトリクルーティングサービスです。2022年にローンチされ、目標の2倍のペースで成長しているという注目のサービスです。

業界最大級のスカウトデータベースには、職種や経験の面で幅広い人材が揃っており、独自性の高いスカウト機能を使用してプレミアム感のあるスカウトを送付することで、高い採用決定率を実現させています。

エン・ジャパン株式会社は、若手ハイキャリア向けのダイレクトリクルーティングサービス「AMBI」を運営しているため、AMBIで培ったダイレクトリクルーティングのノウハウが受け継がれていることでしょう。

エン転職ダイレクトの特徴

1.業界最大級375万人のスカウトデータベース

entensyoku_direct_people

エン転職ダイレクトで利用できるスカウトデータベースは約375万。日本最大級の登録者を有しており、求人サイトで「スカウト機能」を初めて実装したエン転職ならではのデータベースの豊富さと言えます。

この約375万人のうち、同職種の5年以上の経験者が約46%、5年未満が54%で、ポテンシャル層からベテラン層まで幅広く利用していることが分かります。エンジニア職や営業職、専門職など多様な職種のユーザーが揃っており、ポテンシャル層とベテラン層の割合は職種に関わらずほぼ同様です。

また掲載求人の割合は未経験求人が76%、職種経験のある転職潜在層の求人が24%で、データベースの半数以上を占める経験者向けの求人が少ないことから、応募の有効性は高いと言えるでしょう。

2.開封率を高める仕様・機能

entensyoku_direct_kaifu

エン転職ダイレクトでは、スカウトの特別感を演出できるシークレットスカウト(非公開求人)の送付が可能です。求職者側のホーム画面上でのポップアップ表示や、スカウト一覧での特別仕様での表示など、スカウトにプレミアム感を出すことで高い開封率を期待できます。

またシークレットスカウトには「スカウト理由とリクルーターの紹介」「動画・画像での魅力づけ」を載せる仕様になっています。リクルーターの顔写真・氏名・プロフィールと、スカウトの送付理由を記載でき、求職者に安心感を与えられ、その結果として返信率のアップを見込めます。

またエン転職ダイレクトの求人票には、1求人あたり画像を最大5枚、動画1点の掲載が可能。テキストでは表現しづらい会社や求人の魅力を画像や動画を通じて具体的に伝えることができます。

3.専属のカスタマーサポートが採用を支援

entensyoku_direct_CS

エン転職ダイレクトでは、求人票作成やスカウト送付を採用担当自身で行うダイレクトリクルーティングサービスではありますが、サービスの円滑な活用サポートする専属のカスタマーサポートもおり、採用支援サービスの利用経験が浅い場合にも安心です。

申込後はカスタマーサポート担当者とキックオフを開き、採用計画の確認や要件擦り合わせ、利用方法などを打ち合わせる作戦会議を行います。申込から最短2営業日程度で企業管理画面の発行、そこから最短1週間程度でスカウト送付も開始できます。

エン転職ダイレクトの返信率

スカウト送信からの応募率は、リリース後3ヶ月で2.93%となっています。開封率は43.4%、開封からの応募率は6.75%です。

BIZREACHなどダイレクトリクルーティング特化のサービスとしては数値は高くないですが、リクルートのターゲットDMやマイナビのプレミアムスカウトよりは高い数値になっています。その理由として、掲載企業がまだ少なく、候補者がスカウトを受け取る数が少ないことや、1日あたり送信できるスカウトメールの量が制限されていることが考えられます。

エン転職ダイレクトを使っての感想

entensyoku_direct_function

良いと思った点(メリット)

●行動履歴が細かく絞れる。(例)最終ログイン日、WEB履歴書更新日、会員登録日

●自己PR、職務経歴書記入の有無を選べる

●求人票の設定時に、希望勤務地入力の欄で詳細なエリア(市・郡まで)が選択可能

●卒業年度ではなく、年齢で絞り込みできる

●非公開の求人(シークレットスカウト)を送れる

改善してほしい点(デメリット)

●職種選択時 「営業職」という大きい括りでは選べず、法人営業、個人営業、代理店営業…などを一つ一つ選択しなければならない

●企業名のショートコードがない

●スカウト文面に求人票の紐付けができないので、都度選択が必要

●doda Recruitersのサンクスメールと同様の機能でオートリプライがあるが、文章が1つしか登録できない

●検索条件は保存しなければならず、一時的に検索したい時に面倒

●予約配信できない

エン転職ダイレクトの料金

エン転職ダイレクトの料金は従量課金制です。プラン設定はスカウトの利用期間やスカウト通数などにより、ベーシック・アドバンス・プロの3パターンがあります。

【ベーシック】
利用期間:12週間(3ヶ月)
スカウト通数:最大400通
利用料:80万円(スカウト単価/通:2000円)

【アドバンス】
利用期間:24週間(6ヶ月)
スカウト通数:最大1000通
利用料:180万円(スカウト単価/通:1800円)

【プロ】
利用期間:48週間(12ヶ月)
スカウト通数:最大2000通
利用料:330万円(スカウト単価/通:1650円)

いずれのプランでも求人作成は無制限に行えるほか、専属のカスタマーサポートサービスも利用できます。成果報酬が発生しない従量課金制で、何名採用しても金額は変わらないため、利用期間中に複数名の採用を目指す場合に特におすすめです。

エン転職ダイレクトの運用に困ったら

弊社、株式会社VOLLECTはダイレクトリクルーティングに特化した採用支援「PRO SCOUT」を行っています。
パナソニックやラクスルなど大手企業やメガベンチャーを中心に、さまざまな採用状況に合わせたご支援が可能です。
「マンパワーが足りない」「媒体を上手く活用できていない」といったお悩みをお持ちでしたら、ぜひお気軽にお問い合わせください。

PRO SCOUT
詳細はこちら

 

投稿者プロフィール

石川 裕樹
石川 裕樹PRO SCOUT事業責任者
株式会社マイナビにて、人材紹介やスカウトサービスのプロダクト責任者を経験。現在は株式会社VOLLECTで、ダイレクトリクルーティング支援サービス「PRO SCOUT」の事業責任者を担う。