キャリアクロス(CareerCross)の特徴やスカウトを徹底分析!運営会社にインタビュー!

キャリアクロス

今回は、外資系大手紹介会社が20年以上利用しているグローバル人材採用に特化したスカウトサービス、キャリアクロスに関して、運営企業であるシー・シー・コンサルティングの取締役である平山様と、マーケティングの西村様にお話を聞かせていただきました。

ユーザーの年齢層や経験職種、語学力など、キャリアクロスの詳しい特徴をご紹介いたします。

職務経験も持つ英語が話せるグローバル人材が欲しい!」「日本人のバイリンガルを採用したい!」「外国籍ITエンジニアを採用したい」LinkedInでは採用できない!」などのお悩みをお持ちの方、ぜひご覧ください。

*この記事は5分で読めます

キャリアクロスの基本情報

careercross_picture

画像参照元:公式HP

キャリアクロスは、20年以上続く「日本最大級のバイリンガル転職サイト」です。毎月2000人以上の転職意欲の高いバイリンガル人材が登録しています。リピート率は70%を誇ります。

また、ダイレクトリクルーティングも可能で、候補者をデータベースから検索し、直接スカウトすることができます。

導入企業は、バイリンガル人材を必要とする外資系企業やグローバル企業が多いです。

スカウト返信率はなんと15%以上。転職意欲のある候補者が揃っています。そのため多くのグローバル企業向け人材紹介会社がCareerCrossを利用しています。

キャリアクロスユーザーの特徴は?

バイリンガル転職というと、外国が多いイメージがありますが、実はキャリアクロスの登録者は日本人が6、日本人のバイリンガル人材を採用したい企業にも向いています。外国籍では、インドが9%2番目に多く、次に中国とアメリカが5%ずつとなっています。職種は、ホワイトカラー中心です。

日本人は仕事でもっと英語を使いたい方、外資に入社したが実際はそれほど実務で使わなかったため、実際に英語でコミュニケーションが取れる企業に転職したい方などが登録しています。英語レベルは70%以上がビジネスレベル以上です。

年齢別に見ると、幅広い年代が満遍なく登録しているため、突出している年齢層があるわけではありません。

職種別では、最も多いのが営業・販売・サービス系が28%、続いて事務系が25%です。

学歴で4年生大学は65%MBA & PHD16%と、高学歴層が多いです。

一方、外国の場合、日本で働きたい方が中心です。英語だけでなく、スペイン語、フランス語、中国語などを話せる方も豊富にいるため、輸入などを扱う企業にとってはうってつけです。また外国籍の登録者の41%が、ビジネスレベル以上の日本語を話すことができます。

職種別で見ると、ITエンジニアが最も多く24%を占めています。続いて多いのは事務系で19%です。

年齢は20~30代の若手が中心です。

学歴では4年生大学が59%MBA & PHD28%とこちらも高学歴の方が多いです。

キャリアクロスユーザーの年収は?

20年続くキャリアクロスですが、年収600万円以下の層が多い印象です。

日本人で見ると、300~499万円が32%500以下の人材も豊富。

これは年収が高めのユーザーが多いLinked inとの差別化に繋がり、例えば秘書・アシスタントのポジションの採用にフィットしたという事例もあります。

バックオフィス系職種や若手外国籍ITエンジニアの採用成功事例が豊富です。

キャリアクロスの求人票、ユーザープロフィール特徴は?

求人票を英語で書くことができるため、本当に英語ができる方を採用したい場合におすすめです。

また、ユーザーのプロフィールも、日英両方で書いている方も多いです。

キャリアクロスの機能は?

プロフィール検索では、ログイン日や年齢などの基本情報はもちろん、日英の言語レベルや、経験職種以外にも、希望のキャリアやキャリアの目標など、個人個人の価値観を知ることができます。

また、人材条件をあらかじめ登録しておけば、該当するユーザーが新規登録やレジュメ更新した時に通知が来る機能もあります。

実際に多くの採用成功されている企業様がスカウトを直接送っていただいており、当機能を活用しています。

キャリアクロスの料金体系は?

掲載課金型と、成功報酬型の2つがあります。

掲載課金型は料金が一律で、2ヶ月から求人の掲載が可能なプランです。大量の採用を行う企業にはこちらがおすすめです。

一方、成功報酬型のサービスは、1年間の長期掲載が可能です。採用できるまでお金をかけたくない企業や、少数の採用を見込む企業におすすめです。58%の企業が、成功報酬型のプランを選択しています。

また、成功報酬型パッケージは2つから選ぶことが可能です。

1つ目は、ダイレクトリクルーティングパッケージです。求人情報の編集やレジュメ検索、スカウトメールなどを行うことができます。自分たちで運用していきたい方におすすめです。

2つ目は、スカウトメール代行パッケージです。

求人広告の作成代行、スカウトメールの送信代行、一次スクリーニングのコンタクト作成なども行っており、CareerCrossお任せしたい場合におすすめです。

終わりに

キャリアクロスについて、運営会社様にインタビューしながら、詳細な情報をご紹介してきました。

バイリンガルの採用を行いたい、外国籍の優秀なITエンジニアがほしいなど、グローバル人材を探している企業におすすめのダイレクトリクルーティング媒体です。

大手外資系コンサルティングファームのようにバイリンガル人材に対して年収がそこまで出せないけど、職務経験豊富なバイリンガル人材を採用するには、他にはないプラットホームだと思いますので、気になる方は、ぜひ問い合わせてみてくださいね。