Offers(オファーズ)の特徴や料金・評判とは?エンジニアのスカウト採用に!

Offers

優秀なエンジニアの採用に苦戦している人事・採用担当者は多いでしょう。

Offersは、ITエンジニアやデザイナーに特化したスカウトサービスです。

正社員だけでなく、業務委託採用も可能なため、欲しいスキルを持った人材を素早く採用し、すぐに案件に参画してもらうことができます。

本記事では、Offersの特徴や評判、料金、効果を上げるポイントを紹介します。

\おすすめ資料!/
エンジニア採用向け ダイレクトリクルーティングサービス徹底比較レポート2024!

エンジニア採用向け ダイレクトリクルーティングサービス徹底比較レポート
    

 

Offers(オファーズ)とは

画像参照元:公式HP

運営:株式会社overflow
特徴:エンジニア・デザイナー特化
利用企業:累計600社以上

Offersは、ITエンジニア・デザイナー採用を中心としたスカウトサービスです。

エンジニアが70%弱、デザイナーが約15%を占めており、その他、PdMやPjM、データサイエンティストの登録もあります。

正社員、業務委託、業務委託からの正社員雇用など、様々な雇用形態に利用が可能です。

▼動画でOffersを知りたい方はこちら
※テキストでもOffersの特徴やメリット、機能を後述しています

なお、似たサービスとして掲載費「無料」の求人サイト「Offers Jobs」があり、 スカウトサービスであるOffersと併用可能です。

 

Offers(オファーズ)の特徴

Offersの特徴を、4つに分けて紹介します。

採用リードタイムが短い

Offersは、業務委託の場合、最短4日で採用が可能です。早期に人材の参画が期待でき、プロダクト開発や事業成長の加速へ繋げられます。

また、始めは業務委託で契約し、お互いにマッチすれば正社員として雇用する採用形態が推奨されているため、ミスマッチのない中途採用にも繋がるサービスです。

エンジニアの母集団形成やスカウト返信率の低さ、人事の工数不足にお悩みの方は、下記より博報堂やソニーなど700社以上が利用するスカウト代行「PRO SCOUT 」のサービス資料を見てみることをお勧めします。

PRO SCOUT サービス資料ダウンロード

スキルスコアで能力が可視化されている

画像参照元:ヘルプページ

連携されているGitHub・Qiitaなどの公開情報を分析し、候補者が経験している言語やフレームワーク、ツールのスキルが、偏差値で可視化されています。

一般的な偏差値と同様に、スコアが65以上であれば上位5%になります。

GitHubの中身を深く理解できない採用担当者でも、候補者のスキルをクイックに判断することができます

スカウト以外に「気になる」でアプローチ可能

画像参照元:ヘルプページ

「気になる」は、メッセージを作成せずに候補者にアプローチできる機能です。

「気になる」の返信率は約8%と、メッセージが無いのにもかかわらず高く、候補者から「気になる返し」が来れば、マッチングが成立し、メッセージのやりとりが可能になります。

また、「気になる」は件数無制限で使用でき、スカウト通数を消化しません

さらに、返信が来ても面談必須ではないので、送信時のスクリーニングを緩めて、広いターゲットに送信することも可能です。

スカウトを送るには情報が少ない候補者や、スカウトを送信する時間を割けない際に非常に便利な機能です。

Slackや各種ATSと連携可能

harp hire slack連携

OffersとSlackを連携すれば、オファー承諾やメッセージ関連通知、気になるマッチング時の通知、求人応募通知などを受け取ることができます

さらに、オファー判定やメモをOffers内に記録した場合も、「Slackに投稿する」ボタンを押せばSlackに通知が飛ぶため、社内連携をスムーズに行えます。

メールよりもSlackを日常的に利用する企業にとって、嬉しい機能です。

また、sonar ATSやHERP Hireとも連携ができます。候補者情報が自動で転送されるため、工数の削減に繋がります。

\おすすめ資料!/
エンジニア採用向け ダイレクトリクルーティングサービス徹底比較レポート2024!

エンジニア採用向け ダイレクトリクルーティングサービス徹底比較レポート
    

 

Offers導入のメリット

Offersを利用するメリットを解説します。

多数のSNSと連携しており、事前にスキルや人物像の確認が可能

SNS

Offersは、X(旧Twitter)、GitHub、LinkedIn、note、connpassなど幅広いSNSと連携しているため、アウトプットやコードの中身、興味関心、日常の投稿などを見た上で、スカウトが可能です。

スキル面でも、カルチャー面でも、ミスマッチのない採用が実現できるでしょう。

返信率が高い

返信率

Offersの平均返信率は約20%と高いです。

優秀なエンジニアを狙う場合、「50人にスカウトを送ったけど、誰からも返事が来なかった…」なんてことも多々ありますが、Offersの場合、5人に1人から返信が来るのです。

なお、返信率が高い理由として、一般的なスカウトサービスとは異なり、副業や業務委託前提のスカウトが多く返信のハードルが低いことが考えられます。
正社員前提のスカウトの場合は、もう少し数値が下がる可能性がありますので注意してください。

経験豊富なハイクラス人材にアプローチできる

画像参照元:公式サイト

Offersの登録者2万5000名のうち、経験年数10年以上のシニアクラスが2割以上を占めます。

経験年数3年〜10年のミドルクラスまで含めると、約半数になります。

メッセージの内容を変更でき、ミスを防げる

誤字入りのスカウトを配信してしまった、違うポジションの文面を送ってしまった、日程調整URLを入れ忘れた、面談提示日程を間違えたなど、スカウトでは様々なミスが起こります。

Offersでは、予約したメッセージであれば内容を変更できるため、何かしらのミスや、急遽の変更があった場合も安心です。

予約したメッセージ自体を取り消すことができるスカウトサービスは他にもあるものの、内容を変更できるサービスは珍しいため、ミスを防げるありがたいサービスです。

 

Offersの利用企業

Offersの利用企業数は年々増加しており、リリースから2年半で600社以上の導入実績を持ちます

利用企業例は下記で、スタートアップから大企業まで、エンジニアやデザイナーを求める幅広い規模の企業が利用しています。

利用企業例

    • ラクスル
    • 船井総研
    • LUUP
    • snow peak
    • IVRy
    • サイバーエージェント
    • GAテクノロジーズなど

Offersの口コミ・評判

Offersの評判・口コミを紹介します。

レベルの高い、ユーザー層がたくさんいる。また、スカウト文の打率が非常に良い印象。 募集にもしっかりと応募が来ている。 ただ、副業希望の方が多く、正社員雇用に持って行くのは難しい。 ボクシル

副業として少し空いた時間で協力してくれるエンジニアとデザイナーを探していたのですが、人脈がなくて自力で探すのは難しいと考えていました。Offersを利用することで空いた時間を有効活用したいと思っている優秀なエンジニアとデザイナーとマッチングできる確率が上がりました。 空いている時間を有効活用したい人材が多いのでプロジェクトに参加して欲しい時や、特定の技術を求めている時に役立ちます。 ボクシル

エンジニアの人手不足に困っていたが、Goの即戦力人材を何人も見つけることができて、とても助かった! ボクシル

エンジニアは転職市場ではなかなか採用できないので、副業探しをしている転職潜在層のエンジニアを探して、まずはカジュアル面談からライトなお付き合いができるようなサービスです。SaaSのため、機能が色々追加されていることや候補者の方のTwitterやgithubなどアウトプット情報を確認できた上でスカウトを送れるので期待値がズレることはないです。エンジニア採用をするなら一度使うことをお勧めします。 kyozon

Offersの料金

Offersの料金は、定額プランの場合6ヶ月120万円〜、成功報酬プランの場合6ヶ月60万円+雇用形態別の成功報酬50万円〜が発生します。

なお、求人掲載の「Offers Jobs」(スカウト機能なし)は、初期費用、⽉額料⾦が無料で、成功報酬が業務委託で35万円、正社員で150万円、業務委託から正社員になった場合100万円が発生します。(参照元:利用規約

Offers Jobs(求人) Offers(スカウト)
  • 求人作成および公開
  • 採用管理機能
  • カンバン機能
  • 面談管理機能
  • カレンダー機能
  • 応募者一覧機能
  • 応募者メッセージ
    ※github / SNSリンクなし
  • 候補者検索
  • 自動リストアップ
  • オファー
  • 気になる
  • アナリティクス機能
  • 応募前のユーザー情報閲覧
    ※github / SNSリンクあり
    ※Offers Jobsの機能も付随

\おすすめ資料!/
エンジニア採用向け ダイレクトリクルーティングサービス徹底比較レポート2024!

エンジニア採用向け ダイレクトリクルーティングサービス徹底比較レポート
    

Offersの採用成功事例

Offersを利用し、エンジニア採用に成功した事例を紹介します。

株式会社ビビットガーデン

株式会社ビビッドガーデンは、一次産業の生産者と消費者を繋ぐオンライン直売所「食べチョク」を運営する農業ITスタートアップです。 2019年から2020年にかけて事業が急拡大し、エンジニアの採用が急務となりました。しかし、正社員の採用には時間がかかるため、副業エンジニアの活用を決断しました。

Offersを活用することで、以下の2名のエンジニアを迅速に採用することに成功しました。

  • 神戸在住のフリーランスエンジニア: 10年以上のRuby on Rails開発経験を持ち、コミット力が高い。
  • 島根在住のエンジニア: Rubyコントリビューターであり、実家は米農家。平日夜と土日のみ稼働。

候補者のステータスとSNSアカウントをチェックし、副業意欲やスキルなどを事前に確認することで、効率的に候補者を絞り込んだそうです。

副業エンジニアを活用することで、以下のメリットがありました。

  • 短期間で経験豊富なエンジニアを採用できる: 正社員の採用に比べて、迅速に戦力となる。
  • 採用対象を全国に広げられる: オフィスに通える人材に限定されないため、人材確保の幅が広がる。 多様な働き方が可能になる: 正社員以外にも、副業やフリーランスなど、様々な働き方の選択肢を用意できる。

ビビッドガーデンは、今後も副業を活用して積極的に採用を進めていく予定です。 (参照元:導入事例

PETOKOTO

ペットウェルネスカンパニー「PETOKOTO」は、開発体制の7割をOffersで採用しています。 Offers導入の決め手は、下記です。

  • 副業でハイスキルなエンジニアが採用できる点
  • 元エンジニアや元エージェントなどエンジニアのことを熟知したカスタマーサクセスがサポートしてくれる点
  • テックリードやエンジニアリングマネージャー経験者など、スキル・経験の高い人材もたくさん登録されている点

Offersで採用できたエンジニアは、スキルやコミュニケーション能力が高く、カルチャーフィットしているそう。 PETOKOTOは今後もOffersを活用して、優秀な人材を採用していく予定です。 (参照元:導入事例

Offersで効果を上げるポイント

Offersならではの、成果を出すポイントを紹介します。

週2日以下の求人にする

Offers Jobs 稼働時間別の求人一覧ページのPV比(集計期間:2022年6月 )は下記になっています。

求人一覧ページ(稼働時間別) PV比率
週1日(〜 8時間) 63.79%
週2日(〜16時間) 30.45%
週3日(〜24時間) 4.12%
週4日(〜32時間) 0.77%
週5日(〜40時間) 0.87%

稼働時間で求人を探している候補者の約94%が、週2日以下の一覧を見ており、週3日以上の求人はほぼ見られていません。

ただ、求人の最低稼働時間別の応募率には違いがありません。

最低稼働時間さえ確保できれば週2日でも問題ない場合、積極的に週2日〜を選ぶようにしましょう。

稼働時間 応募率
月40時間未満(〜週1日の求人) 4.37%
月40時間以上、80時間未満(週2日〜の求人) 4.50%
月80時間以上、120時間未満(週3日〜の求人) 4.66%
月120時間以上(週4日〜の求人) 4.76%

参照元:ヘルプページ

スカウト通数を消化しない「気になる」機能や「Offers未登録ユーザー」へのアプローチも活用

先述したように、いくら「気になる」を押しても、スカウト通数は消化されません。

また、Offersには会員登録したユーザーと、OffersがSNS上のデータをクローリングし収集したユーザーの2種類が存在し、後者の場合、SNS経由でのアプローチになるためスカウト通数を消化しません。

Offersでは、スカウト通数を消費しなくても候補者にアプローチする方法が多くあります。積極的に活用しましょう。

自動リストアップ機能を利用する

運用する上で1番もったいないのが、スカウトを送る時間が割けず、スカウトを余らせてしまうこと。

Offersの自動リストアップ機能なら、求人の条件に合った候補者が毎週15人自動でピックアップされるので、候補者探しにかかる時間を短縮できます。

効率的な運用をするために、利用を検討してみましょう。

「転職意欲が高い順」に並び替える

2024年3月の新機能で、並べ替えの項目に「転職意欲が高い順」が追加されました。

Offersには、副業や業務委託の案件目当てで登録しているユーザーも一定いるため、社員前提のスカウトを送る際には、「転職意欲が高い順」に並び替えて利用すると良いでしょう。

ただし、最終アクティビティ日が遠すぎないか、確認するようにしてください。

参考メディア:SaaS・ITサービスの比較サイトならkyozon

スカウトサービス選びに迷ったら

当社では、業界トップクラスのダイレクト支援社数(累計700社超)の実績と信頼をベースに、ヒアリングを通じて貴社の募集職種にあったスカウトサービスを提案する「SCOUT SEARCH」というサービスを行っています。

Offersのご案内も可能です。 下記フォームより無料相談会へお申し込みください。

ダイレクトリクルーティング支援ならPRO SCOUT

PRO SCOUT」では、700社以上の実績をもとにダイレクトリクルーティングを中心とした採用ご支援が可能です。

エンジニア採用案件には元エンジニアが担当するなど、各領域のプロフェッショナルが業界のトレンドを把握しながら他社事例をもとに採用をご支援します。月額10万円〜と料金もリーズナブル。

スカウトを送る時間が割けない、スカウトで採用決定を出したい、などのご希望がありましたら、ぜひ下記より詳細をご覧ください。

PRO SCOUT
詳細はこちら