【企業側】すぐ使えるカジュアル面談質問集!新卒・中途に分けて質問例を紹介

採用担当者の中には、「面接はわかるけど、カジュアル面談はどんな質問をして良いかわからない」「カジュアル面談で伝えるべき内容が分からない」と悩む方も多いのではないでしょうか。

近年、ダイレクトリクルーティング(スカウト採用)の最初の接点として、カジュアル面談を取り入れる企業が増加している一方で、慣れない手法ゆえに戸惑う企業も少なくありません。

そこで本記事では、企業側がよりスムーズにカジュアル面談を行えるよう、今すぐ使えるカジュアル面談の質問例を複数紹介します。

\おすすめ資料!/
カジュアル面談の流れや注意点を解説!
現場社員に渡せる
カジュアル面談マニュアル

interview manual
  

カジュアル面談とは?

カジュアル面談とは、企業と候補者が選考に関係なく、気軽にお互いのことを知れる場のことです。面接よりもリラックスした雰囲気で、企業側は自社の魅力をアピールし、候補者は企業や仕事内容について理解を深めることができます。

参考:カジュアル面談と面接の違い

カジュアル面談 面接
目的 候補者から正式応募を獲得するため 合否の判断
誰が話すか 企業側が大半
(候補者が求めるものに対して企業が情報提供をする)
候補者が大半
選考要素 なし あり
候補者側の気持ち 話を聞いてから選考に進むか考えたい この選考を通過したい

近年、企業側からスカウトを送るダイレクトリクルーティングが当たり前になり、カジュアル面談の重要性は増しています。

本選考とは異なるカジュアルな接触機会を作り、いかに自社への志望度を高められるかが採用成功の鍵になります。

カジュアル面談の目的とメリット

casual interview benefits

カジュアル面談には、以下のような目的とメリットがあります。

幅広い候補者に自社をアピールできる

wide appeal

カジュアル面談を行うことで、積極的に転職を考えていないものの、良い会社があれば転職したい「転職潜在層」と接触ができます。

従来の採用活動は、書類選考や面接から始まるため、「話を聞いてみてから、選考に進むか決めたい」という、転職潜在層のニーズに応えられませんでした。
カジュアル面談では、転職潜在層含め、自社への応募意欲が明確ではない、幅広い候補者に自社をアピールできます。

採用のミスマッチを防ぎやすい

Prevent mismatch

カジュアル面談を通して、応募者の価値観やキャリアプラン、仕事に対する熱意などを深く理解できます。

その結果、入社後にミスマッチが起こる可能性を減らすことができます。

候補者の本音を引き出しやすい

面接と異なり、カジュアル面談はリラックスした雰囲気で行われます。

また、選考ではないことを面談の冒頭に伝えれば、候補者は本音を話しやすくなります。

そのため、候補者の真のニーズや志望動機を探ることができます。

面接風にならない、カジュアル面談の質問方法

カジュアル面談は、面接と異なり、企業側から候補者に質問攻めをするのはNGです。候補者の疑問を解消することがメインになります。

しかし、カジュアル面談にて経歴や転職理由を聞き出したいこともあるでしょう。
ここでは、面接のように硬い雰囲気にならずに、知りたい事項を聞き出せる質問方法を紹介します。

経歴に関する質問

career question

面接と同様に「経験を教えてください」「どんな実績を出しましたか?」などと聞いてしまうと、緊張した雰囲気になってしまいます。

そこで、スカウトサービスのプロフィールや職務経歴がある場合は、その内容を元に「〜〜をされてきたんですね」と内容を確かめる形で深掘りしましょう。

もし経歴が手元にない場合は、「今後こんなことをやっていきたい、といったご希望はありますか?」と聞いてみましょう。この質問をすれば、「これまでは〜〜をしていて、〜〜に面白みを感じたので、今後は〜〜に力を入れたい」など、候補者自ら経験を話してくれることが多いです。
もし、経験を話してくれない場合、「ちなみに、今まではどんなことされてたんですか?」と追加で聞いても問題ありません。

また、「(募集ポジションで想定される業務内容)への興味はいかがですか?」と聞くと、「〜〜はやったことないですが、興味はあります」「〜〜は経験があるので、力になれると思います」等、経験を聞き出すことができます。

◼︎経歴に関する質問例
・(職務経歴などを見ながら)「〜〜をされてきたんですね」と内容を確かめる
・今後こんなことをやっていきたい、といったご希望はありますか?
・(募集ポジションで想定される業務内容)への興味はいかがですか?

就職・転職活動の状況に関する質問

転職意欲や活動状況については、カジュアル面談で聞いても問題ありません。
さらに、他に見ている企業を聞くことで、採用競合に負けない自社の魅力を伝えることができたり、他社選考の進捗に合わせて選考フローの戦略を立てられたりとメリットは多いです。

面談の前半で聞くことをおすすめします。

◼︎就職・転職活動の状況に関する質問例
「転職活動はされてますか?」
「こういったカジュアル面談に参加されたことはありますか?」
▶ある:弊社は●●のサービスを提供している会社ですが、他にお話されているのはどんな会社ですか? これまでの中で印象深い面談・会社はありますか?
▶ない:(緊張をほぐす)選考要素はないので、気になることは率直に聞いてくださいね! ちなみに、今回スカウト返信いただけたのはどうしてですか?

転職理由に関する質問 ※中途の場合

「なぜ転職を考えているのですか?」と直接的に聞くのは避けましょう。
そもそも、カジュアル面談に参加する候補者は、100%転職すると決めていない場合もありますし、転職理由はネガティブな理由であることも多く、直接的に聞くと本音を話してもらえる可能性は低いです。

そのため、「弊社の面談に参加していただいたきっかけはありますか?」と聞いてみることをおすすめします。

また、「現在のお仕事で、モヤモヤしている点や課題はありますか?」と質問すると、「残業が多くて家族との時間が取れない」「成果を正当に評価してくれない」などと本音の転職理由を話してくれる可能性があります。

◼︎転職理由に関する質問例
・弊社の面談に参加していただいたきっかけはありますか?
・現在のお仕事で、モヤモヤしている点や課題はありますか?

就職・転職活動の軸に関する質問

Axis of job change

いきなり「転職の軸をいくつか教えてください」などと聞くのはNGです。

そこで、「企業を選ぶ際は、どのような点を重視していますか?」「仕事内容や福利厚生など何でも構いませんので、弊社の求人に興味を持った点はございますか?」「次の会社に期待することは何ですか?」などと聞いてみましょう。

例えば、自社が「挑戦意欲、部下を引っ張っていく力」を期待するのに対して、候補者が「働きやすさ」にのみ言及する場合は、マッチ度が低い可能性があります。

◼︎就職・転職活動の軸に関する質問例
・企業を選ぶ際は、どのような点を重視していますか?
・仕事内容や福利厚生など、何でも構いませんので、弊社の求人に興味を持って点はございますか?
・次の会社に期待することは何ですか?

\おすすめ資料!/
カジュアル面談の流れや注意点を解説!
現場社員に渡せる
カジュアル面談マニュアル

interview manual
  

新卒・中途別 カジュアル面談での質問例

Casual interview questions

中途の場合

中途採用のカジュアル面談質問例を紹介します。

序盤〜中盤の質問例

  • なぜ今回カジュアル面談に参加しようと思っていただけたのですか?
  • 本日の面談で特に知りたいことがあれば教えてください。業務内容、社風、福利厚生などなんでも構いません。
  • 他にどのような業界・企業を見ていますか?
  • 企業選びで重視することは何ですか?

終盤の質問例

  • 最後に聞き損ねたことはございませんか?
  • 今後の選考プロセスは〜〜〜〜になっております。◯◯様にはぜひ、本選考に進んでいただきたいのですが、いかがなさいますか?
    ▶️選考に進む意思確認が取れた場合
    できるだけその場で日程調整をするのがベスト
    ▶️検討しますと言われた場合
    どのあたりに懸念をお持ちでしょうか?
    いつ頃までにご検討いただけますでしょうか? / いつ頃、再度ご連絡してもよろしいでしょうか?
    心から採用したい候補者の場合、懸念点に合わせて再度カジュアル面談を提案するのも手。

新卒の場合

  • カジュアル面談に参加したことはありますか?
  • 弊社の面談に来ていただいたきっかけはありますか?
  • 就職活動を始めた時期を教えてください
  • インターンには行きましたか?何社行きましたか?
  • 気になっている業界はありますか?→その理由を教えてください
  • 他にチェックしている企業はありますか?
  • 社会人になって、やってみたいことを教えてください
  • どんな社会人になりたいですか?

 

 カジュアル面談の事前準備

preparation casual interview

事前に資料を作成・配布

・会社概要
・事業内容
・職種紹介
・カジュアル面談の目的

など、候補者に知ってほしい情報をまとめた資料を作成すると、面談がスムーズに進みます。
また、面談前に資料を送付することで、面談時間の有効活用にもつながります。
なお、資料は一方的に情報を伝えるツールではなく、双方向のコミュニケーションを促進するためのツールです。資料の内容をきっかけに、会話を心がけましょう。

質問内容をまとめる

事前に質問内容をまとめておくことで、面談中に聞き漏らしを防ぎ、スムーズに進行することができます。
ただ、カジュアル面談は会話ベースを心がけるべきです。絶対に聞く質問は最低限にしておきましょう。

担当する社員を選定する

casual interviewer selection

候補者との相性を考えて、担当する社員を選びしましょう。

選ぶ基準は3点あります。

1つ目は、候補者にとって話しやすい雰囲気を作るために、明るく親しみやすい社員であることはもちろん、人を惹きつけられる力がある人を選びます。

2つ目は、候補者と同じ専門領域の知識を持っている社員です。エンジニアなど専門職の場合は、候補者と同じ専門領域の知識を持っている社員だと、候補者からの疑問にその場で答えることができ、理解が深まります。

最後に、裁量権を持っている人です。理由は、面談していて異なるポジションが向いていると判断した際に、そちらのポジションでの選考を勧められたり、別の担当者との面談をセッティングする権限を持てるからです。

また、最初から役職が高い人が出てくることで、「自分のことを真剣に考えてくれている」と候補者に良い印象を与えることができます。

 

カジュアル面談の進め方と成功のポイント

casual interview day

アイスブレイク・自己紹介

カジュアル面談は、自己紹介から始めましょう。
自己紹介には、⾃分の新卒からの職歴や入社理由を入れ、会社対個人ではなく、個人対個人という関係性を作りましょう。趣味など、仕事以外の項目を取り入れることで場が和みやすくなります。

合否には直結しないことを伝える

カジュアル面談は選考とは関係ないことを、最初に伝えておくことが重要です。

候補者は安心して本音を話すことができるようになります。

候補者のニーズに合わせて自社の魅力をアピールする

company's charm

HPや求人票に書いてあるような内容をつらつらと話すのではなく、求職者のニーズや他社の選考状況を踏まえて、自社の強みや働き方などをアピールしましょう

資料や事例などを活用すると、より効果的にアピールできます。

候補者からの逆質問に答える

候補者からの質問には、丁寧に答えるようにしましょう。企業の雰囲気や仕事内容などを具体的に伝えることで、候補者の興味関心を高めることができます。

もし、専門領域の質問などで答えられない場合は、無理に回答しようとせず、「現場担当に確認し、後日メールにてご連絡します」「1次面接で現場の者に聞いてください」などと伝えましょう。

本選考に進むかどうか意思確認をする

confirmation intention

ぜひ選考に進んで欲しい旨を伝え、どのようなスケジュールで選考に進んでもらうかの認識を合わせます。もう少し検討します、と言われた場合は、次回いつ連絡してよいかを確認します。
「ご興味あればまた連絡してください」「後日今後についてメールします」で終わらせず、本選考に進むかどうか、その場で意思確認をすることが重要です。

企業によっては、本選考への移行率を面談担当者ごとに可視化している企業もあるほど、「本選考に繋がるカジュアル面談ができたか」は大切なのです。

\おすすめ資料!/
カジュアル面談の流れや注意点を解説!
現場社員に渡せる
カジュアル面談マニュアル

interview manual
  

カジュアル面談で気を付けるべきポイント

Interview points

面接っぽくならないようにする

カジュアル面談は、面接とは違うということを意識しましょう。
堅苦しい雰囲気にならないように、候補者にリラックスして臨んでもらえる環境を作ることが大切です。

リアルな情報を伝える

real information

企業の良い面だけでなく、自社の課題も含めリアルを伝えるようにしましょう。

「こういう状況で困っているから、あなたのようなご経験をお持ちの方を求めています!」としっかり説明すれば、説得力が増します。
また、入社後にギャップを感じると、早期退職に繋がりかねないため、良い面だけを見せようと躍起になる必要はありません。

自社のアピールに熱を入れすぎない

自社のアピールばかりするのではなく、応募者との会話を楽しむようにしましょう。

一方的に話し続けるのではなく、質問を投げかけたり、共感を示したりして、双方向のコミュニケーションを図ることが大切です。

転職意向が無いと言われてもすぐに諦めない

本当に意向がないのであれば、わざわざカジュアル面談に来ないはずです。
魅力的な候補者の場合は、別の現場担当者と面談しないか誘い、次の面談につなげるのもおすすめです。

ダイレクトリクルーティングやカジュアル面談支援ならPRO SCOUT

pro scout

PRO SCOUT」では、650社以上の実績をもとにダイレクトリクルーティングを中心とした採用ご支援が可能です。

エンジニア採用案件には元エンジニアが担当するなど、各領域のプロフェッショナルが業界のトレンドを把握しながら他社事例をもとに採用をご支援します。月額10万円〜と料金もリーズナブル。

スカウトを送る時間が割けない、スカウトで採用決定を出したい、などのご希望がありましたら、ぜひ下記より詳細をご覧ください。

▼中途採用こちらから▼

Request PRO SCOUT materials Mid-career recruitment

▼新卒採用こちらから▼

PROSCOUT Service Documents_new graduate